2014.04.13 New CH
大阪東ロータスドッグクラブ展

会場:大阪 舞洲スポーツアイランド
ジャッジ:ラダワン・チョティタダ(タイ)

パンプ オープンヤングアダルトクラス

なんと!!パンプは2回目のグループ1st.に選ばれ
めでたくCH完成となりました。
素晴らしい成績に、家で連絡を受ける度に一人大騒ぎ♪

pump13apr14.jpg
パンちゃん、恰好いい~~!!

原田義雄ハンドラー、ありがとうございました。
そして、ケネルの皆様、本当にありがとうございました。
今年もこの日がやってきました。本部展!3月29日のことです。
今年の本部展はアジア・パシフィックセクションなので
勝ち上がった犬にはアジアウィナーが与えられます。

オーセンティックゴールデンからは
パンプ・ジャックス・マエストロ
ビオラ・更紗・ハーモニー・シスルをエントリーし
更紗とハーモニーには控えに回ってもらいました。更紗、ありがとう!!

Judgeはアメリカからお越しのロバート・バンディバー氏。
ドーベルマンを専門にする方でした。

写真はチャンピオンクラスを走るシスルです。
5F6A5364.jpg
2003年産まれのシスルは2004年から毎年この本部展を走ってきました。
(2011年の未開催の年を除いて)
評価を受けた年もあるし、受けなかった年もありましたが
本部展は特別なドッグショーだと楽しんでいた私たちでした。
11歳を過ぎたシスルは、すっかりシニアです。でもホンニンはやる気満々!
「ショーは楽しいーーー!!」
と、言うのですが、昨年末に発症した胃捻転を期に老化が止まりません。
念願のFCIChampionにもなったことだし、
そろそろ引退を考えた方が良い?と思うようになりました。

色々考えて考えて、
本部展を最後にシスルは引退させようと決断しました。
シスルが私に与えてくれたもの、教えてくれたものはかけがえのないものばかり。
私の手元に産まれてきてくれて、11年間ずっと一緒に過ごした日々を思うと
胸に迫るものがあります。
最後のショー、シスルらしい走りをさせることを考えていました。

この写真でも、とても正しい歩様をしているのがわかります。
やっぱりシスルは本当に特別な子…。
会場:千葉 幕張海浜公園
ジャッジ:デビッド・スワートウッド(カナダ)
パンプ:オープンヤングアダルトクラス

pump22mar14001.jpg

今日は純粋にパンちゃんの応援のためにドッグショー会場へ出かけました。
クラスは2頭。クラスで1席になってもジュニアもアダルトもいないため、
ウィナーズドッグになってもカードはでません。オーバースペシャルしないと…。
でも、CHクラスには3頭のエントリーがあって、最初から少しあきらめ気味な応援。
ところが!!
会場 大阪 舞洲スポーツアイランド
ジャッジ:タン・オーホック(マレーシア)

パンプ:ヤングアダルトクラス

ハンドラーさん達に連れられて大阪でのショーに出ていたパンプ。
ショーイングから3回目でウィナーズドッグになったそうです。
連合会展なので、カードはMCC!!!

オーナーさんたちも応援に行ってくださっていたので
わが子が目の前で活躍する姿をご覧になり何よりでした。

おめでとう、パンプ!!

そして、この日ハンドリングしてくださった花澤ハンドラーさん
ありがとうございました。
管理してくださっている原田さんのケネルの皆様には
感謝の気持ちでいっぱいです♪
会場:静岡県御前崎市 マリンパーク御前崎
ジャッジ:ディズモンド・マーフィー(アメリカ)

単独システム
パンプ:オープンヤングアダルトクラス
マエストロ:CHクラス
ビオラ:自家繁殖ヤングアダルトクラス

パンプは今日も元気に(元気すぎるくらい)走っていました。
結果にはまだまだ結びつかないけれど、2回目だし
今は、それで十分すぎるくらい十分なんだと思います。

CHクラスのMaestroの時、リング脇に待機していたにも関わらず
ぼーっとしていたせいかCHクラスが始まっていることに気が付かず
側にいた方に教わりあわてて入ってしまう大失敗をやらかしてしまいました。
反省…。
マエストロ自身はそんなことには影響されず
いつも通りの走りをしてくれました。

ビオラは今日もクラス1stでしたがウィナーズにもReserveにもならず。