2014.04.27 記念撮影へ
シスルが過日の本部展でショードッグを引退しました。
その記念というか、シスルがショードッグだった証というか
(実は遺影という説も…(笑)、コラコラ縁起でもない!!)
そんな思いを残すために写真スタジオで美しい写真を撮ってもらいました。
this2014.jpg
唯一の大きなロゼットとクリスタルトロフィーを飾ってもらっての撮影です。
他にもカップや小さなロゼットはたくさんあるのですが、どうもイマイチ…。
それならば、潔く(笑)これ一つを使おうとお願いしました。

満足のいく、とても素敵な写真に感動!!

写真スタジオは『ふぉとさいく』さん http://410319.jp/studio/pet.htm

violaと一緒に『ニコパチ』
thisvio2014.jpg
BRAVOやMAESTRO&HARMONYはおうちでお留守番でしたが、violaはなぜ連れて行ったか…。
2014.04.25 骨折
最近のお気に入りな場所へゴールデンの皆さんと出かけました。
芝生で広くて、誰もいない!!
でも、ちゃんと周りを見て、誰もいないことを確認して
ちょっとだけノーリードで遊ばせてもらっている。
23apr14.jpg
誰もいないけど、公共の場所なので誰かが来る時もあるのです。
そういう場合は、すぐにリードを付け
その人へは危害がないと言うメッセージをちゃんと送ります。
また、呼べばすぐに戻ってくるということもアピールします。

一昨日もそんな風にして楽しく遊んでいたら、
帰宅後にBRAVOが足を浮かせています…。
2014.04.21 PRIDE
21apr14.jpg
ボロボロだけど大切なボールを死守しながらソファでネムネムなビオラ(^_^;)
2014.04.13 New CH
大阪東ロータスドッグクラブ展

会場:大阪 舞洲スポーツアイランド
ジャッジ:ラダワン・チョティタダ(タイ)

パンプ オープンヤングアダルトクラス

なんと!!パンプは2回目のグループ1st.に選ばれ
めでたくCH完成となりました。
素晴らしい成績に、家で連絡を受ける度に一人大騒ぎ♪

pump13apr14.jpg
パンちゃん、恰好いい~~!!

原田義雄ハンドラー、ありがとうございました。
そして、ケネルの皆様、本当にありがとうございました。
2014.04.11 Information
ブログをほったらかしにしておりましたが、
さかのぼりUPします。

ある日、ある時、過去の記事がUPされることをお許しください(*^。^*)
2014.04.10 お疲れ様
先日のドッグショーで引退をさせたシスルへ、お疲れ様のお花が届きました。
シスルの娘、メープルからです。
「めーぷるたん、ありがとう!! シスルママより」
09apr14.jpg
ボックスにアレンジされた美しいお花は、シスルの妹・奈美ちゃんから
ドッグショーの日に頂戴したものです。
「奈美ちゃん、ありがとね! シスルより」
fromnami.jpg
急に温かくなった日、
久しぶりになってしまったいつもの海岸へ5頭と行ってきました。

シスルは後部座席の窓から顔を出すのが幼い頃からのお気に入り。
普段、ゴールデンの皆さんと遠くに出かける車は窓が開閉しないのです。
近所に行くときの車は普通に窓ガラスが下りるので、
シスルはずっとこうしてニコニコ!!
09apr14-1.jpg
今年もこの日がやってきました。本部展!3月29日のことです。
今年の本部展はアジア・パシフィックセクションなので
勝ち上がった犬にはアジアウィナーが与えられます。

オーセンティックゴールデンからは
パンプ・ジャックス・マエストロ
ビオラ・更紗・ハーモニー・シスルをエントリーし
更紗とハーモニーには控えに回ってもらいました。更紗、ありがとう!!

Judgeはアメリカからお越しのロバート・バンディバー氏。
ドーベルマンを専門にする方でした。

写真はチャンピオンクラスを走るシスルです。
5F6A5364.jpg
2003年産まれのシスルは2004年から毎年この本部展を走ってきました。
(2011年の未開催の年を除いて)
評価を受けた年もあるし、受けなかった年もありましたが
本部展は特別なドッグショーだと楽しんでいた私たちでした。
11歳を過ぎたシスルは、すっかりシニアです。でもホンニンはやる気満々!
「ショーは楽しいーーー!!」
と、言うのですが、昨年末に発症した胃捻転を期に老化が止まりません。
念願のFCIChampionにもなったことだし、
そろそろ引退を考えた方が良い?と思うようになりました。

色々考えて考えて、
本部展を最後にシスルは引退させようと決断しました。
シスルが私に与えてくれたもの、教えてくれたものはかけがえのないものばかり。
私の手元に産まれてきてくれて、11年間ずっと一緒に過ごした日々を思うと
胸に迫るものがあります。
最後のショー、シスルらしい走りをさせることを考えていました。

この写真でも、とても正しい歩様をしているのがわかります。
やっぱりシスルは本当に特別な子…。