上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 CH. AUTHENTIC GOLDEN JP IN MY HEART   "Thistle"06jun_20080606145659.jpg
昨日、ゴールデンウィークに催されたドッグショーの写真をいただきました。
(写真のハンドラーさんは長久保さんですが、ショーではハンドリングしてません)
GOLDEN RETRIEVER の単独展のときのシスルです。

AOMは1頭だったので、簡単に言うとシスルはメスで2番目の成績ってことです。

このショーにはもちろん奈美ちゃんも出ていたので
BOBが奈美ちゃんで、AOMがシスルだったらお祭り騒ぎな喜びだったことでしょう。
ですが現実は奈美ちゃんは選外・・・。
シスルの方が良い成績をもらって、複雑な思いでした。

ちなみに、奈美ちゃんは同じ日の午前中のドッグショーで
BOB・G1・Queen という素晴らしい成績を残しているのですが・・・。
ジャッジが変わると成績も全く別物のように変わることはよくある話しなんですが・・・。

私はジャッジがシスルをAOMに選んでくれたことを
素直に喜べずに帰宅しました。

でも後日、言われた言葉がすごくすごく嬉しかったのです。

師匠たちはシスルをとても歯がゆい思いで見ていると思います。
とても良い犬なのに、家庭犬としてのんべんだらりんと暮らすシスルを・・・。
ショードッグとして磨けば光る原石なのに、石のまんまにしてるオーナーの私を・・・。

でも
「家庭犬やってるくせに、たまに、ちょぃっとショーで走るだけなのに
 シスルはほんとにとっても良い犬だね」
と、言われたこと・・・。

どんな言葉よりも嬉しい・・・。

そこに私の目指すものが、実は、あったりなんかします。

「甘い!」「もったいない!」「歯がゆい!!」
と、感じられる方もたくさんいるかと思います。
理想論で偽善者っぽく思われる方もいるかと思います。

でも・・・。

私はシスルって言う犬が、今、ココにいるありがたさを改めて噛み締めるのです。

My枕を持っているシスル。
私と彼の枕の間にそれは置いてあって、シスルは毎日それを使って寝ています。
私がキッチンに立つと真正面にあるソファの上で
ちょっとおばかなことして、
私が失笑するのを「シメシメ」と言う顔でこっちをいつも見ているシスル。

私はそんなシスルが大好きで自慢で誇りでなりません・・・。














Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/188-d5631891
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。