上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この写真は、ブラボーの出産の時に手伝ってくれた友人が撮ってくれたものです。
491dd3430515ada475438013883b046e.jpg
多分1頭目のBちゃん誕生直後ではないかと・・・。
私は非常にこの写真が気に入っています。
ブラボーの嬉しそうで幸せそうな顔が、見ている私を幸せにしてくれます。

そんなブラボーの今回のパピーたち。
私は自分のところに1頭も残しませんでした・・・。その理由とは・・・。
交配をした時、
残せるクオリティーの高さを持つ子であったら、絶対に残すつもりでした。
そうでなければ交配する意味はありません。

実際、産まれてきたパピーはそのレベルに達していました。

ですが、パピーが産まれる少し前から、リンクの症状が一気に悪くなりました。
パピーが産まれてからも、一進一退の病状でした。

パピーの世話とリンクの世話で、かなり精神的に追い詰められた時もありました。

それよりも、パピーがいることでリンクの病状が悪化しているようにも感じました。

私自身のこと・・・、それは、一時の大変さですから、頑張れば、できないことはありません。

ですが、リンクのことを思った時・・・。
このままパピーとリンクと両方いい環境で育てていくのは難しいのでは?と思いました。

本当だったら、ブリーダーとしては、
先住犬を犠牲にしてでも先のことを考えなければならないのかもしれません。

でも私は、ただの一愛犬家として、先住犬を優先したかったのです。

13年間、私を支えてくれたリンクと納得のいく時間を過ごしたかった・・・。

悩みに悩んで、全てのパピーをお譲りすることにしました。

それはブリーダーとしては馬鹿な行為かもしれません。
とってもいい子たちでしたから・・・。

ですが、お譲りしたそれぞれのおうちで大切にされ
各家庭のなくてはならない存在になっていることを聞くと
それでよかったんだ・・・と思うのです。

人のために役立つ犬・・・。

それが何よりです・・・。

BちゃんもS君もIちゃんも、小さいのに、もう人のために役立っています!

私は、そんな彼らを誇りに思い、
パピーをお譲りして得た貴重な時間をリンクと大切に過ごそうと思っています。
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/276-66013ccb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。