2009.04.04 本部展
お祭り?戦い?が始まる前の静けさ
04apr.jpg
メインリングでの審査
ゴールデン・レトリーバーはオス79頭 メス51頭 合計130頭のエントリー。
ジャッジはアメリカからお越しのロバート・スミス氏
AUTHENTIC GOLDEN からはCHメスクラスの奈美ちゃんとシスルがエントリー。

結果は、シスルがAOMに選ばれました。

全般の感想などは、また別記にて・・・。

メスのチャンピオンクラスは19頭のエントリー。
年齢順にならぶシスルは後ろから2番目。
04apr4.jpg
メスのチャンピオンクラスは一番最後の審査ですから
審査開始から本当に最後の最後・・・
待ち時間が長く緊張や集中のコントロールが上手にできません(汗)

歯のCheckをしているところです。
04apr2.jpg
後ろで心配そうに見守ってくれている女性は、シスルの父ビビくんのオーナーさん。
未熟で不甲斐ないハンドラー(私)のせいでドキドキさせてしまっています(笑)
04apr3.jpg
この後、アップダウンをするのですが、
スムースに走り出すことができず、その後も次々発生するミス連発(涙)
あぁ・・・・・・・・
どーして『ココゾ』と言うときにできないのだろうか?と情けなさでいっぱい。
極端な話、時間的にはジャッジが見ているときだけしっかりできれば
あとはどーでもよかったりするのに、
私の場合、他のときはできていてもジャッジが見ているときだけできなかったり・・・。
今回のドッグショーは、すごく凹みました。
04apr5.jpg
だけど、最後のピックアップの時
「もうジャッジに見せるチャンスはココしか残っていない」
と、私なりにがんばってシスルを表現しました。
そしてAOMにシスルは選ばれました。
04apr1.jpg
写真撮影の列に並んでいたら、ハンドリングセミナーの時に教えてもらった先生が
「どんな結果だったの?」
と、尋ねてくれました。AOMだったと言うと
「うん」(よかったね、の意味だと思われます)
と。

だけど、全然ハンドリングができなかったのだと話すと
「ミスが好印象だったのかもね」
と、とっても励まされる言葉をかけてもらいました。

たしかに、今まではミスをしたらミスしっぱなしだったような気がします。
ドキドキしちゃっている上、ミスをしたらその事で頭がいっぱいになって
それっきり~~~~って感じでしょうか?(笑)
だけど、今日はミスをしても立て直そうと努力したと思います。
(結果立て直せなかったとしても(爆))

そんな未熟なハンドリングを見逃し、
シスルのことだけを見てくれたのかな?

TSUNAMI 母さんは昨日私が旦那さんと喧嘩をして泣いてくさくさした気分で
シスルのトリミングに取り掛かれなくなっていた時
「だめだめ、しっかりしなくっちゃ」
「ちゃんとやんなくっちゃだめ、やるのよ」
「さぁ、やんなさい!」
と、言ってくれました(本当!!)

TSUNAMI の子どもは限られていて、
でも、みんないい子で優秀で、
本当にすごいなぁ~っていつも思います。

今年はシスルがAOMに選ばれてアジアインターの結果に名前を残してくれました。

お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。
応援に来てくれたファミリーの皆さん、
2日間お手伝いをしてくれたぢきっちゃん、
いつも笑わせてくれるコーギーのオーナーさんご夫婦、
アキちゃん、アヤカちゃん、サチコさん、
そして、
長久保さん
いつもいつも本当にありがとうございます。
ずうずうしくも、これからも、どうかよろしくお願いいたします。

All Photo by Z



Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/371-b9f8324e