世田谷の先生から病理診断報告書を送っていただきました。
『飼い主様用』の、報告書はずいぶん立派で少し驚きました。
以前は紙ぺら一枚、それも獣医師用のもののコピーだったりしましたよね?(笑)
07oct09.jpg
診断名は 「形成細胞腫」 だそうです。
07oct09-1.jpg

良性との報告は何よりも嬉しいものです。

それに加え、術後の経過がよく
ミニョンがそれまでの暮らしと変わらず、
いえ、
それ以上に健やかに過ごせていることがなによりなのです。

以前に、リンクの乳腺腫瘍を手術していただいた時にも、
ものすごく感じたのですが、手術を受けてよかった・・・と思えることが
当たり前のようですがそうではなくて
先生の技術等によるものなんだ・・・ってこと。

「モノ」を取ればいい・・・ってわけではなく
万が一のことを考え、想像力が豊かで、技術が高くて
人(飼い主)と動物をなにより思い図ることができる先生に
巡り合えたことの安心感は何にも代え難いのです。

かっぺだっぺ地方に越して、そのありがたみはより深く感じますねぇ。
ココにはそんな先生いらっしゃいませんから・・・(涙)

そんな先生は連日過労働で、見ているこっちが心配になるほど。
大切な方なので、どうか健康だけには気をつけて欲しいと
実は私自身も過労働にさせている一人なのに、
勝手なことを思っています。

Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/439-4a80b9bf