2010.03.22 FCI北関東
春分の日、群馬県館林市までドッグショーに行ってきました。

全く関係ない話ですが、昔々、持っていた馬の誕生日が3月21日で
『3月21日』は特別な日でした。その感覚は何年経っても思い出すんだな~。

ドッグショーは北関東インターナショナルドッグショー。
エントリーしたのは、ヤングアダルトクラスティアラちゃんとCHシスル。
そしてCH七海ちゃんとCH更紗ちゃんも!

この組み合わせは4月の本部展も同じなのです。
CHクラスに
身内、家族、知り合い(笑)が、同じリングにいて大丈夫なものなのか
様子を見るためにも皆で出てみました。
CHクラスの結果は、考えなくちゃいけない問題を発見でき
本部展までにどうするのか決めることになりました。
やっぱりいろいろと難しいんだな~とわかりました。

さて、久しぶりのショーに出たシスル。
良くも悪くも、いつもと変わりなく(笑)
結果も、同様、
オーストラリア人のジャッジには評価を受けることはありませんでした。

そしてティアラちゃん。

我が家に着てから2度目のドッグショーです。
日々、我が家でブラボーと楽しく遊び、
真面目にトレーニングにも励み、
身体も少しずつですが絞れてきたように思うのですが
まだまだ走りは重く感じてしまいます。

私のハンドリングでは、
練習はとっても軽やかに走らせてあげられるのに
なぜか
本番ではずどーーーーんと重くなってしまうのを
どうにもできずそのまま進行させてしまうしかなく情けない思いです。

今回のショーでは、4頭中4席・・・いわゆるビリにさせてしまいました(涙)

オーナーさんに申し訳ない・・・。

でも、結果はどうあがいても変わらないのですから
正直に伝えるしかなく、ご連絡させていただきました。

オーナーさんからのお返事は
「ティアラがショーに出ているだけでも嬉しいので
成績は気になさらないで下さい」
と。
泣けてきました・・・。

ショーに出している以上、CHを目指しているのですし
成績を出さなければショーに出している意味もないはずなのに、
そのように言ってくださる深い心遣いに救われる思いでした。

また、そのように励ましてくださると
ティアラちゃんを先ずは本来の美しい走りを披露できるように
がんばらなくては・・・と強く思います。
成績は、きっと、自然に後からついてくるものだと信じて…。

友人が
「ティアラちゃんって演歌歌手みたいだね。」
と(笑)
そのこころは
「才能ある歌手なのになぜか売れなくて、下積みがすごく長くなっちゃって」
「でも、一発あてると紅白歌合戦まで出られちゃう!みたいな」
(爆)

なるほど!!

そう思うと、私は営業兼マネージャーってところでしょうか?(笑)
紅白に出られるように頑張らなくては(爆)


そうそう、それから
この日は朝からものすごい強い風で高速道路でもたくさんの通行止めや
スピード規制が出ていました。
私の車は以前より大きくなったこともあり、ハンドルを取られることしばしば。
すごく怖かったです。

前回のドッグショーでは津波警報。今回は暴風警報。
本部展は屋内ですが、穏やかな日になってくれることを願います(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/516-eac38daa