2011.02.10 ドッグドック
我が家の皆さん、基本的に健康体!
亡くなったリンクさんは若いころから大きな病気と闘いながらの犬生でしたが
そのほかの皆さんは病気知らずです。

たまに
「なぜ病気をしないの?」
とか
「長生きなのは何か秘訣がありますか?」
と、尋ねられますが、特別なことは何もしていません。
08feb11.jpg
すっかり安心していたそんな時、
どうも何かがおかしい感じがする…2月2日のシスルでした。
いつもは誰よりも早く起きてくるのに、その日はご飯の用意をしても起きてこない!

ご飯のときは「ステイ」をさせてから「OK!」の合図で食べさせるのですが
まず「ステイ」ができない。
何度やっても『お座り』で困った顔をしているのです。

ご飯は食べるものの、そのあともずっと寝ています。

「絶対、何かどこかおかしい!!」

でも、何がどこが悪いのか全くわかりません。
痛がりもしないし、症状があるわけでもないのです。
ただの飼い主の勘みたいなもの。

こんな状況でかっぺだっぺ地方の病院に連れて行っても、意味はなく
かといって、東京の病院もその日はお休みでした。

翌日になって、症状が悪化していたら、東京の病院に連れて行こう!
(夫が)
と計画していたのですが、朝になったら良くなっていました。

でも気になる!!

ということで、8歳になったことだし、この際ドックをしてもらおう♪

血液検査、検便、検尿、心電図、レントゲン、超音波検査のフルコース。

私はパピーたちのお世話があって連れていけないので、
夫にお願いして病院まで行ってきてもらいました。

結果は、すべてノーマル!!!ホッ…。
8歳とは思えないほど、健康だそうです。

夫は大げさに話すので、「話半分」だとしても問題ないという結果ですね。

夜には院長先生からお電話をいただき、直接お話を伺うことができ
とにかく健康だとのこと。
ただ、加齢による背骨軟骨の減りを指摘され
2日の「ステイ」ができなくて元気がなかったのはそれが痛んだのでは?
とのことでした。
そういえば、それ以前に山に入って暴走していたシスルでした。

要は、ただの疲れ?!!

やだー、ただの心配性な飼い主ってことで…いつもながら、恥ずかしい…!
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/572-0916c0af