上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真は地震が来る一時間ほど前のものです。こうして楽しく遊んでいました。
11mar11td.jpg
地震の日のこと、それから今日までのこと、
また
これからのこと、思うことを書いてみたいと思います。
パピーたちに日に3回与えるご飯の2回目を用意しようかと思い
キッチンに立った時に、揺れを感じました。

今思えば、おうちにいてよかったです。

すぐに収まるだろうと思っていた揺れはどんどん強くなり
パピーたちが入っているパピーペンのそばにあるTVが倒れそうでした。
とっさに、TVを押さえ立っていられないのでパピーペンにつかまりました。

オトナのゴールデンの皆さんは、それぞれいた場所から
すっ飛んで私のそばに来てくれました。

大揺れの最中に夫から電話がかかってきて、どうにかこうにか出てみれば
「外にでるんじゃないぞ!」
とのこと。出ようにも出られませんけど…。

夫は、農場にいてやはり立っていられないほどの揺れを感じ
車があんな風に揺れるのをはじめてみたと後で言っていました。

すぐに家に戻ってこようとした夫は、車で出発したものの
道路には屋根の瓦が落ちていたり塀が倒れていたりで車が動けず渋滞していて
迂回迂回を繰り返し田んぼ道を必死に車を走らせ帰ってきたそうです。

一回目の揺れが終わり、部屋を見回ってみればひどい状態に茫然としました。
キッチン周りは、耐震がなされているので棚類はすべてにロックがかかり
全く被害なし。ところがそれ以外は、部屋にあるものがすべて散乱していました。

デスクの引き出しは全部出ていたし、さらに中身も一部飛んで出て
クローゼットの扉も全部開いて、中身がこぼれていました。

リンクさんの遺骨はなぜなのか全く無事で
その周りのものはすべて落ちていたり倒れていたり…。
花瓶も倒れていましたが、リンクさんの遺骨には水はかかっていませんでした。
さすがだね、リンクさん!!

本棚は倒れこそしていませんでしたが、壊れていました。

消臭用に置いておいた細かい竹炭が床に広がっていたので
手でかき集め、元あった場所においたところ
2回目の地震が…。

パピーペンのところに戻ると、さすがにパピーたちも恐怖の表情。
オトナゴールデンたちも、ひきつった顔をしています。
きっと私がそうだったからなんだと思いますが…。

せっかくもとに戻したいろいろなものが、また同じようにひっくり返ったり
出窓から落ちたりして、竹炭もまた床に広がってしまいました。
かろうじて大丈夫だった本棚は、耐えらえずひどい状態に…。

そこからは、片づけるのはやめにして
リンクさんのお骨をデスクの下に置き、しばらくこのままにしようと決めました。

夫がやっと戻ってきて、私たちの無事を確認すると
すぐに従業員のみんなの安全確認とすぐそばにある実家の様子を確認しに
出て行ってしまいました。

夫は事業主なので、
働いてくださっている皆さんだけでなく、その家族も心配しなければならないし
中国から研修生としてお預かりしている10名のことと
実家のことも次男とはいえ、使命のように考えなければなりません。
わかっているけど…。大変です。

幸いなことに、何事もないと全員から報告を受けました。

地震直後から停電し、きっとこのまま夜になってしまうと覚悟しました。

電気・ガスがストップしましたが、ガスはプロパンなので安全装置を解除し使用。
お水はその時はまだ出ていました。

暗くなる前に、パピーたちとオトナの皆さんに、とにかくご飯を与え
ろうそく1本を大きなお皿に立て、夜を過ごすことに。

お水も、もしもの時のために少しだけ貯めておきました。

3回目のパピーたちのご飯を与え、トイレのために真っ暗なテラスに出すと
ちゃんとシートの上で排泄をし、そのあと、元気に遊ぶパピーたち。
月明かりとたくさんの星明りの中で、キャーキャー言いながら走っていました。

リビングで全員で寝ることにし、ラジオをつけっぱなしにして横になりましたが
余震も強く、私もオトナゴールデンたちは結局ウトウトするだけでした。
パピーたちは、たくましくすやすや寝ていてくれ、何よりでした。

翌日も停電は続き、朝から断水にもなっていました。
貯水所が壊れてしまったとのこと。復旧には当分かかると連絡がありました。

近所の小さな商店で、ペットボトルのお水を残っていた3本買い
チョコレートなど食料品を少し買いました。

我が家には、ドッグショーで使う発電機があるので
それを使って携帯の充電をしました。私たちのものだけではなく、
他の人たちのものも、困っている方々にも使っていただきました。

ガソリンが心配だったので、発電機は必要最低限しか使わず
備えることにしました。

車で20分ほど行った夫の親戚では、停電していないしお水は井戸水なので
お風呂に入れるから来てくださいとのありがたいお申し出が…。

私の友人たちからは、犬と一緒に避難してきてくださいとも携帯にメールがあり
ありがたかったし、心強く感じました。

親戚にお風呂をもらいに行っている間に、電気が復旧したとの連絡が!
さっそく家に戻り、暖かな光に幸せな思いを感じました。

夫が、うちでも井戸水を排水管につなぐ手配をしてくれ
部屋の中でも蛇口をひねればお水が出るようになりました。
ただ、鉄分がすごくてそのまま飲料水にはできません…。
浄水器を通すと、色もにおいもなくなり、今まで浄水器なんて気休め程度にしか
思っていなかったのに、その威力に感動してしまいました。
浄水器から出るお水を一回沸かして、使うことにしました。

我が家の1階にはシャワールームが住まいのお風呂とは別にあるので
ご近所の方々にも自由に使っていただけるようにしました。

長い一日が無事に終わりました。その日も、皆でリビングで寝ました。

翌日、東京電力から計画停電のことがTVで流されていて
私の住む地域が2つのグループに書かれていました。

個人宅についてというより、夫の仕事のやりくりもあるので
グループがどこなのかはっきりさせなくてはなりません。
問い合わせの電話をしているうちに、夕方になりなんと停電してしまったのです!

私たちの住む地域は、間違いなく第5グループ。
停電中に東京電力に電話がつながり、そういわれました。
2つ、書いてあるのはどちらかがミスプリントで
両方に属するということではないとわかりました。

だけど…。

私は、オペレーターの方に申し訳ないけど言わせていただきました。

私たちの住む地域、特に海沿いの方たちは津波被害でおうちが無くなった方々もいて
半壊状態の家屋も多く、避難所で暮らしている人たちもまだ多くいます。

いつも犬たちが遊んでいたあの海岸はもろに被害にあっているのです。
見慣れた光景は、もうありません…。

夫の実家でも瓦が落ち、近所のお宅の屋根も何も被害がないというお宅の方が少ないのです。

水道もまだ復旧していないし、28時間停電していてそれから一日も立たず計画停電とは
避難所まで停電させるとは、あまりにもひどいのではないでしょうか?

協力は惜しみませんが、でも、ここからする必要はないと思うのです。

茨城の海沿いの地方でも同様です。
東北ほどではなくとも、被災地です…。そこから停電させなくても…。

翌日、森田県知事が東京電力に怒っていましたが当然だと思いました。

千葉県内では私たちの地域と浦安が最もひどい被害にあっています。
そこはもう少し復旧が進んでからでもいいのではないでしょうか?

そんな事情を考慮され、結果的には当分の間、
計画停電地域から除外されましたが腑に落ちない出来事でした。


これからどうなっちゃうのだろう?と不安に思います。

パピーたちのお引渡しや譲渡相談の面接などが週末にあったのですが
延期させていただきました。

関東圏のドッグショーは当然ながら中止となりました。
今後しばらく開催は難しいのだと思います。
でも東日本が東北地方が復興し、
いつの日か皆で笑顔で集まれる時を待ちたいと思います。

特に、年に一度のジャパンインターは日本全国から世界から集まるイベントです。
皆さんが平等に安全に参加できなければ意味がないと私は思います。
復興を待ちましょう!復興に力を貸しましょう!!

ブラボーのパピーで仙台に住む方にお譲りした子がいます。
「もし手がかかったり足手まといになるのであれば…」
と、いったん引き取ろうかと思ったのですが、
天真爛漫に遊んでいる姿を見ていると家族全員の気が休まると聞き
そうなんだろうな…と心から思いました。

私自身もそうなのですから…。

この子たちの力は落ち込む人々の気持ちを励ましてくれます。
犬の世話をしている場合でない今の日本の状況なのかもしれませんが
だからこそ、
この小さな命に愛情を与えることは人の気持ちを安定させるような気がします。

私自身も、私の責任に置いて作った命に
きちんと向き合っていこうと思っています。

断水もやっと復旧し、徐々にお水が出るようになっています。
(まだ配水管が所々漏れているらしく、完璧ではないのですが、ありがたいです)

地震の日から今もなお
励ましのメールやお電話をたくさんいただいてありがとうございます。
また、西の方からは物資を送って下さる方もいて恐縮です。
皆さんのお気持ちがとても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

ただ、私たちは皆元気で暮らしております。
食べ物もあるし、お水にも困らないようになってきました。
どうか安心してくださいね。

私自身も、できることをしたいと思っています。
今は、節電と募金ぐらいしかできないけれど…。

長文を読んでくださり、ありがとうございました…。
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/580-b085faeb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。