上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.09 定期検診
何ヶ月かぶりにリンクの定期検診です。

それは大学病院の予約です。
リンクの状態を知るのが怖いような、知るのは義務のような感覚で
大学病院まで車を走らせました。
結果は、「しばらく安静にしててください」との診断。

まず、体重がかなり減ってしまったことが不安材料の一つ。
それに加齢からか、病気からか、後肢の踏ん張りがきかないこと。
腹内の腫瘍がまた大きくなったこと。
相変わらず、血液検査の数値が悪いこと。

総合的判断は「安静が必要」という診断です。


体重は25kgしかありませんでした。
ご飯もいつも通り食べてるし、おやつも食べているのに・・・。
ただ、少し前に下痢が続いたことと新潟への旅行のせいかもです。
リンクのベスト体重は28kg。
腹内の腫瘍が大きければその重さも結構あると思うので
25kgの現在は、かなり痩せているということなのでしょうか。

後肢のことは、暮らしの中で私も気になっていました。
「リンク、大丈夫?」
と、聞くと悲しそうな顔をして立ち上がることをやめてしまうので
私はリンクが懸命に立ち上がろうとしている時、
無視してあげることにしています。
立ち上がってしまえば、スタスタと歩くのです。
私が手伝って立ち上がらせると、すねて、また伏せてしまいます。
病犬扱いや、老犬扱いがリンクは嫌いなのでしょう。
「まだ自分のことは自分でできる!!」
と、リンクは思っているのでしょう。
私は見守ってあげるしかできないのでしょうかねぇ。

腹内の腫瘍の大きさは、発見時はこぶし程でしたが
今は、小玉スイカくらいの大きさです。
徐々に大きくなることは私もわかっていましたが
そこまで大きくなって、今、リンクが生きていてくれることを思うと
「手術であの時取ってあげればよかったのかも・・・」
という、思いが浮かんでしまいます。
でも、あの時手術していたら今のリンクはいないかもしれないのですから
「手術しない」
と決めた私の決断は、正しかったのだと自分に言い聞かせています。

手術や治療方針の選択は、常に迷ってしまいます。
決めたあとでも、グズグズ悩んでしまうのは私の性格のせいでしょうか?
『正解』を探すのは難しいです。きっと『正解』なんてないのでしょうけど。

血液検査は、肝臓の数値が相変わらず悪くて、
もうステロイドの量云々は関係なくなっています。
他の値も、良くはありません。

でも、だからどうするのか・・・。
結論は、このまま様子をみる・・・しかなさそうです。

お薬も変わらず、プレドニゾロンとグリチロン。

ただ、
リンクは今日も元気です。
検査結果では重篤患者さんですが、実際はご機嫌さんです。

今日もちびすけ達を教育し、
「うっるさっぃ!!遊ぶなら外でやりなさい!!」
と、言ってました(笑)

ご飯のあとは「おやつ下さい」と言ってました。

医療従事者は検査結果が診断のプライオリティ一番でしょう。
七海ちゃんのオーナーさんにそう教えてもらって、
そうだ!それが当然だわ!そうじゃなくっちゃいけないと思いました。
でも一緒に暮らす私は、リンクの行動が一番です。
医学には素人ですから(笑)
安静が必要なのもわかっていますが、
やっぱり、リンクの好きなように過ごさせてあげたいです。
もちろん無理は禁物ですけれど!!

先生に長岡花火大会のことをお話ししたら
「すごいですね~!!」
と、言ってくださいました。
リンクが長生きしてくれているのは、先生方のおかげでもあります。
生かしてもらっている・・・、そのことに感謝しています。
そんな思いも込めた、花火打ち上げだったのです。

次の予約は10月です。


Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/59-2bb65bbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。