上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月11日ヨコハマドッグフレンズクラブ展
6月12日ヨコハマベイサイドクラブ展にて
我が家のMaestroとHarmonyがベビークラスにドッグショーデビュー致しました。
12jun11.jpg
まずは、
この日まで支えてくださった皆様に感謝御礼申し上げます。

この記念の盾、オーケストラの絵が描かれているものでした。
こじ付けかもなのですが、
Maestro・Harmony・Bravo に通じるものを感じ感無量でした。
初めてのドッグショーというのに、お天気は最悪!
ものすごい大雨で、「棄権する?」と頭をよぎりました。
1回目からつらい思いをさせたくはないと思いましたが、よく考えたら
この子達は、震災より以前の雨の時、
お空から降ってくる大粒の雨の中、テラスを駆け回って全身ずぶぬれで
遊んでいたんだった…と気を取り直し、予定通り出場することに。

実際にも、雨なんて何にも気にしない二人でした(笑)

Maestroのクラスは1頭一席で総合審査へ。
Harmonyのクラスはなんと3頭もの出陳でベビークラスなのに激戦…。
ドキドキでしたが、どうにかBOBをいただき総合審査へ。

総合審査では
全員エクセレントリボンがもらえることが多いベビークラスなのに
この日はオスもメスかなりの頭数が並び激戦…。
Maestroはリザーブキングに選んでいただき、
Harmonyはエクセレントに選んでいただきデビューを無事に終えました。

翌日、12日日曜日は蒸し暑い天候。
でも雨よりは何倍も過ごしやすい!!

昨日同様、激戦の中
MaestroはエクセレントにHarmonyはリザーブクイーンに。

二日間のショーは互いに同じような成績で嬉しかった!

それよりも、二人ともがリングの中で楽しそうに走ってくれて何よりでした。

たくさんの犬たちがいる中で一日を過ごすことも
日に何度もテーブルの上に乗せられ、グルーミングすることも
見たこともない外国の方に知らない言葉で話しかけられ触られることさえも
二人には初めてのこと!
たくさんの初めてもことを、難なく受け入れる頼もしい二人…。

その姿に胸がいっぱいでした。


日曜日のブリード審査の時のお話。
私は緊張してスタックしているっていうのに、ジャッジの方は
英語でたくさん話しかけてくるんです。
「Good morning!」
から始まり、
「ベビーってかわいいのよね~」
「何か月なの?」
「この時期のこの手触りったらたまんないわよね!」
「すっごく可愛い子ね」
「なんてかわいいのかしら~~」
みたいなことを話しかけられたのですが、
私は緊張のあまり、言葉が出ず「thank you」程度の会話しかできませんでした。
あぁ、情けない…。

日本語で話しかけられたってまともに返答できないと思うのに
(そのくらい緊張しているということ)
英語なんて絶対無理だわー(涙)と思った一日でした(笑)


会場でお世話になった皆様、本当にありがとうございました。
こと、一方の子を快くハンドリングしてくださったハンドラーさんには
心より感謝いたします。

AUTHENTIC GOLDEN JP KIND OF BLUE
11jun11ma.jpgMaestro
ジャッジ:アラミス・リム・JR      リザーブ・キング
ジャッジ:サンドラ・マッシュフォード  エクセレント

AUTHENTIC GOLDEN JP BLUE RIBBON
11jun11.jpgHarmony
ジャッジ:アラミス・リム・JR       エクセレント
ジャッジ:サンドラ・マッシュフォード  リザーブ・クイーン
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/592-37374639
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。