上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.10 お花に囲まれ
TSUNAMI は7月28日に荼毘に付され とっても小さくなって我が家に帰ってきました。
ピンクの蘭のお花でTSUNAMI の遺体を囲むように飾って旅立たせました。
最後まで穏やかな笑顔のままで私たちとさよならしたTSUNAMI …。
DSC_3540.jpg
帰宅後もたくさんのお花に囲まれて、つなちゃん、幸せだね~。
フォトスタンドはスワロフスキーのもので、厳かに、でも華やかに…。
つなちゃんにぴったりだなーと思って、奮発して買い求めました。
DSC_3561.jpg

「… TSUNAMI …」

「わたしは、少し怒ってるよ、つなっ!」

DSC_3546.jpg

どうして、そんなに、あっという間に…。

倒れて、手術して、びっくりするくらい元気になったじゃない。

余命は『三か月くらい』と言われていたじゃない。

ひと月は今まで通り元気にしていられるって先生が太鼓判おしてくれたのに
なぜ…。

つなちゃんの入院中に、美容院に行ってさ
退院後は一緒にいようと思っていろいろ準備してさ
抜糸して少し落ち着いたら、子供たちとその家族を呼んでさ
『TSUNAMI を囲む会』を催そうと計画していたのに…。

つなちゃん用にドッグフードも新しいのを買ってさ
お肉も炭水化物もだめっていうから、
いろいろなつてをたどって九州の新鮮なアジ・イワシを仕入れてさ

それよりなにより
もっともっとつなちゃんと一緒にいたかったのに
あと三か月を有意義に一緒に過ごしたかったのに
なんで…

先生もびっくりしてたよ
あんな顔面蒼白な先生を私は初めてみたよ

『考えられないことなんですけれど…』
って
言ってたよ、先生。

つなちゃん 結構ひどいことするね~(苦笑)

皆を驚かせるように
勝手に逝っちゃって
私は 怒ってるんだよ つなちゃん…


[偉大なる母]
[多摩川のディープインパクト]
いろんな愛称をつけてもらって楽しかったね

3回の出産では毎回素晴らしいパピーを産んでくれたね
子供たちは、それぞれのオーナーさんのおかげで
たくさん活躍してくれて、つなちゃんも誇らしかったでしょうね

私のもとにもTSUNAMI の子孫がちゃんといるね…
ありがとう…


TSUNAMI はいつでもどんな時でも 母 だったよね

私に対しても、時には母のような愛情をくれました。
だから 私は 母を失ったような気分になります。
実の母は健在だから、実際には失ったことはないのですが…。

これからどうしたらいいのか
とっても不安な気持ちになります

でも

「大丈夫!大丈夫よ」

と言う、TSUNAMI の声が私には聞こえてきます。

「大丈夫じゃないよー、つなちゃん~」

と、言ってみるのですが、TSUNAMIは涼しい笑顔です。





Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/605-7822cbfc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。