上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月4日5日6日の三連日は
我が家から車で40分ほどの場所で催されたドッグショーに参加してまりました。

ヤングアダルトクラスに入ったMaestroとHarmonyを連日エントリーしました。

最終日6日のショーでMaestroがWDに!カードをいただくことができました(*^。^*)
06may12win.jpg
しかし、この連日のショーは「大変だった!」に尽きるのです。

ショー前日の3日は朝から雨・雨・雨で湿度100%。
シャンプーして乾かそうにも、うまくドライできません…でした。
犬たちは飽きてくるし、私は焦るし…。
その中でも「落ち着け~。丁寧に~!」と念じながらがんばったのですが
仕上がりは到底気に入るものではありませんでした…とほほ。

4日当日は、2時間ほどウトウトしただけで出かけることになってしまい
なんだかぼ~っとしていて。
会場に着いたら、ぬかるんでいるせいでスタックする車が続出。
会場に入るために1時間以上ならんで、やっと会場に入ったとおもったら
貸テントを購入していたのに私のがなくて…。
(前日の暴風雨で飛んじゃったのでこれから設営するんだけど…と言われ結局その日は建たず)
2時間遅れて始まったショー。ゴールデンの審査は12時を過ぎ炎天下の中で。
プエルトリコからお越しのジャッジにはMaestro・Harmony共に全く評価していただけず…。
あぅっ~な感じ。
真っ暗になってもショーは続き・・・。もう、何もかも、思った通りにならない一日でした。

5日。
車はどうにかこうにか入場できていて、私のテントも建っていた(笑)
ショーも定時に始まった。
アメリカからお越しのジャッジにはMaestroもHarmonyもクラス1stに選ばれ、ウィナーズ選へ。
でもどちらもウィナーズには選ばれず…。
暑い一日でしたが風があって湿度があまりなくお昼寝している人もいっぱい!
気持ちの良い一日でした。

6日。
ALL日本人ジャッジのショー。
普段だったら前日の2日間でやめちゃっていたと思うのですが、
場所が近いのだし、練習!練習!!と思って3日連続でエントリーしました。
Maestroは1頭1席のままウィナーズ選へ。
そしてWDに!! やったね~~、マー君♪

Maestroはずっと状態が悪くて、いつもビリばっかりだった。
私は男の子を初めてハンドリングするので、女の子とは違う何かを
なんだかどうしたらいいのかわからないまま
へんてこなハンドリングでショーイングさせてしまっていて…。
この子達は後ろ足のバネがすごくあって、ものすごい蹴りをするのだけれど
その蹴りをうまく走りにつなげてあげられなくて、いつも変な走りを見せてしまっていて…。
毎回、情けない思いで泣きそうーーーだった。
今もまだへたくそなハンドリングには変わりないのだけれど
少しだけ状態がよくなってきているし、こうやって連日走ることができると
それなりには私も犬たちも互いに慣れてくるのかなぁ?と感じました。

Harmonyはクラスで負けちゃって。
Harmonyとのハンドリングは本部展のころに何かをつかめた気がしていたのだけれど
ここにきて、またうまくいかなくなってしまった。はぁ~~っ。
Harmonyはとてもまじめな女の子なので、いつも一生懸命!
さすがに3日間の3日目は疲れちゃったのかな?

私も疲れちゃって、連日頭痛が発生。
薬漬けの毎日でした。
6日の夕方7時前に少しだけ横になろうと思ってベッドに入ったら
気が付いたのは翌朝の7時!!!
夫の食事も作らず、犬たちのトイレの面倒もみず、寝ていたなんて…。
夫も呆れたことだと思います、ごめんなさいー。
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/648-690743dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。