ミニョンは13年間、目のふちやお鼻が真っ黒のまんま。
ヒトに例えたら
「どんなお手入れをしたら、そんなにお肌がきれいなんですか?」
って聞かれるのだろう(笑)
mignonmemory026.jpg
このお花はミニョンの彼氏、丼ちゃんからもらったんだ。
mignonmemory028.jpg
だからこんなにも嬉しそうなのかな?

この男の子は今はもう高校3年生…。
mignonmemory027.jpg
ミニョンも彼も幼かった。

今年撮った菜の花畑でのお写真。
DSC_9498.jpg
ミニョンはいつもどんな時もフォトジェニック。
カメラマン(私)の腕を補ってくれたモデルさん。

伊勢に行ったときに見つけた公園でなぜか爆走したミニョン。
DSC_4915.jpg
この頃は、『走る』なんてほとんどしなかったのに…。
皆でのお出かけが嬉しかったのかな?

ミニョンはパピーが大好きだった。
DSC_0082.jpg
こうして腕の上でパピーが寝ちゃったら、起きるまでジッとしていたっけ。
優しいパピーのお世話係りだった。

いろいろな場所に出かけたんだ。
mignonmemory020.jpg
どこに出しても恥ずかしくないように育てたつもり。
誰とでも喧嘩などせず、一緒に過ごせるように育てている。
だから
お出かけはヒトも犬たちも楽しいし、良い思い出になる。
mignonmemory023.jpg

mignonmemory022.jpg

mignonmemory021.jpg

mignonmemory024.jpg

mignonmemory014.jpg

mignonmemory016.jpg

mignonmemory017.jpg

mignonmemory018.jpg

mignonmemory013.jpg

mignonmemory012.jpg

mignonmemory015.jpg

mignonmemory019.jpg

mignonmemory011.jpg

ミニョンを突然亡くして、すごく焦った私がいました。
まさか、そんなに突然私のもとからいなくなるなんて
思ってもいなかったからです。

その焦りはかなり深く気持ちを落ち込ませました。
今もまだ悲しみの中にいるんです。

もう一度、生きているミニョンに会いたい。
生きているミニョンに優しい言葉をかけてあげたい。
「ありがとう」と言いながら、ミニョンを見送りたい。

そんな想いが常にあって、苦しいくらいです。

写真を整理していたら、13年分のミニョンを見つけました。
これ以上、写真は増えないけれど
13年間を振り返り思い出すことができました。

どの写真も笑顔のミニョンに、
少しだけ気持ちが落ち着きました…。
Secret