上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.02 少しだけ…
9月22日に産まれたBRAVOのパピーはお引き渡しの時期になりました。
11月中旬からお引き渡しの準備は毎日が大忙しで、
寝不足で疲労も溜まりに溜まっている中やりたいことはたくさんあって、
でも、思ったようにできなくて時間だけが過ぎて…。

それでも、無事にお引き渡ししたご家庭があって
少し寂しいけれど、少し時間に余裕が生まれて、
少しだけゆっくりできるようになりました。
01dec12.jpg
ANAは12月1日で会社創立60周年とのこと…。
そんな特別な日に偶然搭乗した記念に、機内販売のスノードームを買いました。
空港滑走路では現地スタッフの方々が横断幕を持って、
心のこもったお辞儀とお手ふりを。

パピーをお引き渡しした後だった私は、
ホッとした安堵感と疲労感といろいろ複雑な気持ちだったせいか
そのパフォーマンスを見て胸がジーンとして涙が浮かんでしまいました。
航空機を使ったお引き渡し。
前回の子達から、私自身が一緒に飛行機に乗っていくことにしました。
子犬だけを貨物扱いで乗せるのは、
思うことあって可能な限り今後も避けたいと思っています。
30nov12sbb.jpg
男の子は大阪伊丹空港へ。
バリケンには今までのお名前と空港係員さんたちへのメッセージを書くことにしています。
「僕の名前は横綱です。生後70日目の子犬です。優しく扱ってね。Thankyou」ってな感じ。

一緒に乗っていけば、手荷物扱いなので時間ぎりぎりまで預けなくても良いし
現地に着いてからもどの荷物よりも一番早く引き取れるのです。
そして何よりも、現地で私の姿を確認できるパピーたちは
初めての飛行機で寂しい思いをしても、私が抱っこすることで
気持ちが落ち着くと思うのです。それから新しいオーナーさんにお引き渡しする…。
新しいオーナーさんとあれやこれやおしゃべりしている姿や声を聴き
きっと落ち着いてくれると思うのです。
01dec12sbb.jpg
この女の子は大分空港へ。

可能な限り大きな機材を使った飛行機を選んだつもりだったけれど
お天気のせいもあって、少し揺れてしまいました。
怖かったと思います。うんちをしていました。
でも、そんなこともあるかも・・・と思いお掃除道具も持参していくのです。
できる範囲にきれいにして、新しいオーナーさんにお引き渡しします。
そんなちょっとのことなんだけれど、パピーにも私にもオーナーさんにも
良いことだと私は思っています。

大分空港の端っこで、バリケンやパピーをきれいにしていたら
関西弁のおばちゃん3人組が近づいてきて、隣にお座りになり
パピーを見てなんだかんだと言っています。
そして、おもむろにさわり、頭をなで…。
普段だったら「触らないでください」なんて言うんだけど
怖くて緊張して震えていたパピーの尻尾がフリフリしているのを見て
「まっ、いっか」と。
黙って笑っていたら、ガシガシ撫でまわし始め(苦笑)
パピーもつられるように元気ににこにこし始めたので
安心してオーナーさんにお引き渡しをしました。

そして我が家は3頭になり…、ずいぶん楽になりました(笑)
あと少し、がんばります。
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/734-d546755c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。