2013年初のドッグショーは千葉インターナショナルドッグショーでした。
アダルトクラスになったMaestroとCHクラスのThistleの2頭で参加。
Thistleはインターチャンピオンを目指し、私と走ってきましたが
この日は急きょ原田義雄ハンドラーさんにお願いし、参戦したのです。
そして、めでたくBOBに選ばれインターCHは完成し、グループ選でも1stに選ばれ、
夢のような長い一日を過ごしました。
Thistle20jan13-1.jpg
(写真は七海と更紗のママさんが撮ってくださったものです!!)

リングの外から見るThistle…。
10歳とは思えないくらいイキイキとして楽しんでいるのがわかり
始まるまでは、とてつもない不安と期待とでドキドキしていましたが
こんなThistleを見ることができたなら悔いはないと思ってもいました。

終始、Thistleを盛り上げ楽しませながら走らせてくれた原田ハンドラーさん
Thistleが産まれた日から今日までずっと支えてくださった長久保さん
応援してくださったオーナーハンドラーのお仲間たち
日ごろから励ましてくださる友人の皆
そしてThistleを誰よりも可愛がっている夫に言い尽くせぬ感謝を…。
写真撮影の時、審査員から
「とてもきれいな子ですね」「10歳とは思えないくらいのコンディションは素晴らしいです」
と、言っていただきました。
審査員と共にお仕事をされていたスチュワードからも
「ジャッジが何度も何度も 素晴らしい犬だと言っていたよ」
と聞き、本当にうれしかったです。

また、会場ではたくさんの方たちから
「顔の白い子がリングに入ってきて、あんな風に走っているのを見ると
 涙が出てくる。素晴らしいわね」
と、言われました。

確かに、10歳現役なんてあまり聞かないです…。
ショーに出てくる子たちは皆、若い子や充実した年齢の子達ばかりです。
Thistleのような子はあらゆる面で珍しいのだと思います。

産まれた時から家でぐーたら過ごし、
私の枕を使って一緒に寝て
毎日、夫のご飯を少しだけ横取りし
犬の本当の笑顔ができ
ショーCHになって
少しだけ訓練のお稽古を私がつけて受けた訓練試験では審査員に褒められ
その後もたまに出るショーでたまにBOBに選ばれるゴールデン(笑)

インターCHになるまでは長い年月がかかりましたが
Thistleは私が欲しいものを全部与えてくれる最高のゴールデンです。
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/740-c517250d