上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のクラシック音楽好きは、このブログを読んでくださっている方なら
すでにご存じかと思います。
今日は、クリスティン・ティーレマン指揮のウィーンフィルを聴きに
川崎市にあるミューゼ川崎シンフォニーホールへ行ってきました。

曲目はベートーヴェンの第8番と第9番。
16nov13-2.jpg
今回のウィーンフィルはベートーヴェンの交響曲全曲とピアノコンチェルト全曲を
数日に渡り演奏会を開いていました。
本当だったら、そりゃ、全公演行きたいです。全公演をまとめたチケットも売っていたし。

でも、ちょうどそのチケット発売日頃、
私はゴールデンのナショナルに行く交渉を夫にしている時期で
我ながら、「どっちもは無理だよね~」とコンサートをあきらめたのです。

ウィーン・フィルの後にはベルリン・フィルもあるのです。
どちらかと言えば、私はベルリン派(笑)なので、それもどうしても行きたい。

ウィーン・フィルの全公演はあきらめて、その中の1つなら許されるのでは?と考えたのです。
しかし!
ウィーン・フィルの人気は絶大でチケットが取れない~~~(涙)
何度トライしても、その度にSold Out。
あぁ、今年のウィーン・フィルはあきらめろということなのね…。
と、一度はあきらめたのでした。

でも公演が近づいてくると、やっぱり行きたい!

私がどんなに行きたいかを毎日切々と話すので、夫も
「チケットがあるなら行けばいいじゃないか」
と言い出す始末。

悔しいけれど、ヤフオクで落札を試みてもみました。
でも、どんどん高額になっていって、冷静に考えると
「そんなに高いチケット…って」
と、思い直し攻防戦から脱落する日々…。

あー、でも聴きたい!

チケットはないのだろうか?と毎日探していたら
金券ショップで見つけたのでした!それもS席!!!
ヤフオクで買うよりも適正だと思われる金額で売っていました。
(販売価格よりも高かったけれど…)

探し出してきた私に呆れながらも「買えば~」と夫。


ミューザ川崎は初めての会場。
聴きに行ってみての感想は、とても音質が良かったです。
上の階でも音はクリアに聴こえてきて、良いホールだなと思いました。
16nov13-3.jpg
ウィーン・フィル自体は、
弦楽器の人たちは素晴らしい~!本当に素晴らしかったです。

金管楽器の人たちは疲れていたのかな?もうツアーも終盤だしねぇ…。
ミスもあったし、音程も少し気になりました。
特に8番では。

このまま9番を聴かされるのか?と少し不安でしたが
9番では持ち直していましたね。トランペットだけは「ん~」な感じでしたが
そのほかの金管楽器は良かったと思います。
弦楽器、木管楽器、打楽器は言うことなく素晴らしかったと思います。

合唱もソリストたちも素晴らしかったです。
すごい迫力で、のけぞりそうになりました。
やっぱり日本人のコーラスとは絶対的に違います。言語の問題なのでしょうか?
16nov13-1.jpg
9番が始まった時、ずいぶんテンポが遅いなぁ~と思ったのですが
それも途中から気にならなくなり、
本当に素晴らしい9番を聴くことができました。

会場の聴衆たちは
「ここにきているだけの事はある…」
と、マナーが素晴らしくて、最高のひと時を過ごしました。

Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/769-23a0d759
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。