Judge:Ms.Gloria Kerr
viola01feb14.jpg
ビオラがアメリカのゴールデンレトリーバーのブリーダージャッジである
グロリア・カー の審査でウィナーズビッチに選ばれました。

グロリアさんは2012年にも来日していらして
FCI北関東インターナショナルドッグショーでThistleをBOB&G1に選んだjudgeです。

再び、評価していただき光栄な思いでした。
ビオラの走りは正しい、特に前足の使い方は正確であるとほめていただきました。
東京インターでのブリーダージャッジに引き続いてのビオラへの良い評価は
本当に嬉しいですね。
さて、お気づきかもしれませんが
ドッグショーの開催名に「北九州・・・」とあります。

そう!私たちは北九州まで行ってきたのです。我が家から1200km離れた場所へ…。

ビオラとシスルを連れて九州までの旅はたくさんの方々の協力があってこそ
無事に往復できました。ありがとうございました!!

11歳のシスルは胃捻転の術後でお腹にはコートがありません。
でも、Gloriaさんに
「あの時の子が今もこうして元気に走っていますよ」
と、見せたかったのでエントリーしました。

誰よりも元気に走っていたThistleは元気すぎて私がコントロールできず
まぁ、いつものようにただ元気に走っただけ・・・で終わりました(笑)
ですが、シスルもまた正しい歩様を皆さんに見せることができたと自負しております。

ドッグショーは2日間あったのですが、
ビオラの2日目はエントリーしていたものの体調不良もろもろあり欠席。
シスルは1日目よりも真面目に走り、良い出来だったと思いますが
BOBには選ばれませんでした。

自分の車で行った初めての北九州。
無事に往復できるのか、本当に不安でした。
家に着いた時には「やった~、無事に帰ってきた~」と独り言。

往路は神戸まで車で走り、神戸から北九州まではフェリーを使いました。
フェリーは時間も料金も高速道路を走りづつけるよりかかるのですが
でも、会場に着いた時に疲れ切っていたら仕方ない…と思ったのです。
神戸ではブラボーのパピーたち、いろはちゃんとカノンちゃんと少し遊んでもらい
ママさんたちにお世話になり、夕方フェリーに乗りこみました。

フェリーは思った以上に快適で
シスルとビオラは船内ペット室のクレートで過ごし
夜10時まではお世話をしに行けるし、朝は5時30分からまたそのお部屋に入れるので
様子を何度も見ることができ安心でした。

九州には朝の7時に着いてしまうので、それからは観光三昧(笑)
新門司・門司・小倉・下関とうろうろして過ごしました!!
この旅行で一番おいしかったのは下関で食べたフグ♪ 
一人フグだったので寂しかったけれど、お味は最高でした(笑)
お留守番してくれている夫と夫の両親たちへフグのお土産を発送し
それもまた好評でした。フグ、マジで、おいしい!!

私たちの宿泊先は高速道路SA上にある壇之浦旅籠屋。
旅籠屋さんはペットと一緒に室内で過ごすことができるお部屋があるので
遠征の際は良く使わせていただいているホテルです。
ショー会場までは30分ほどかかりますし上り下りの関係上、
高速道路の出入り口を行ったり来たりで不便もありますが『犬と一緒』を選びました。

復路はひたすら車を運転し、途中でパンプ君をピックアップし
東名高速の足柄SAまで頑張りました。
足柄SAに着いたのは夕方の5時ごろ。
頑張れば千葉まで行けそうでしたが、やはり安全に越したことはないので
仮眠をとって夜中の12時30分ごろに出発し3時に自宅へ到着しました。

九州まで一人で行く…
と、言った時、皆さんが心配してくださいましたが
こうして行って帰ってきました。
ビオラも良い評価を得て、本当に実のある遠征になりました。

お世話になった方々、本当にありがとうございました。

Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/778-3f00813f