2014.04.25 骨折
最近のお気に入りな場所へゴールデンの皆さんと出かけました。
芝生で広くて、誰もいない!!
でも、ちゃんと周りを見て、誰もいないことを確認して
ちょっとだけノーリードで遊ばせてもらっている。
23apr14.jpg
誰もいないけど、公共の場所なので誰かが来る時もあるのです。
そういう場合は、すぐにリードを付け
その人へは危害がないと言うメッセージをちゃんと送ります。
また、呼べばすぐに戻ってくるということもアピールします。

一昨日もそんな風にして楽しく遊んでいたら、
帰宅後にBRAVOが足を浮かせています…。
走りすぎて、痛めたのかな?
と、最初はあまり気にしていなかったのですが
足を拭いていると「ひゃ~~」と泣くのです。

慌てて、その足先を触ってみれば、じゃりじゃりと
中から音がするではないですか!!

『うっ、これは折れているかも…』 は私の心の声です。

すぐに近所の動物病院へ連れて行くと、触診で
「あー、折れてるね」
「でも手術できない場所だし、鎮痛消炎剤飲んでやり過ごすしかないね」
との診断。

まぁ、私もそうじゃないかとは思っていたけど…。

テーピングもなし、お薬だけもらって帰宅したものの…。
足を着けばその度に折れている骨は動いちゃうわけです。
BRAVOの様子を見ていると、やっぱりテーピングで固定は必要なんじゃないか?と。

そのBRAVOは痛さからなのか、走って疲れた上に病院へ行ってさらに疲れたからなのか
ぐったり寝ていてくれています。お薬も効いているような感じ…。
その間に、テーピング固定をしてみました。

翌日の朝、昨日よりも痛がるBRAVO。
レントゲンも撮ってないし、念のため、もう一度病院へ行ってみよう!
と、昨日とは別の病院へ行ってみました。

最初っから、「レントゲンも撮ってください!」
と、お願いしました。

診断は、足の指2本の骨折で、
そのほかの筋も痛めているのかな?とのこと。
レントゲン画像では、結構ばっきばっきに折れていることがわかりました。

ただ、手術などは必要ないとのこと。(まぁね、それはそう思うのですが…)
テーピング固定は必要だそうで、3週間は固定してくださいとのこと。
納得して帰宅し、BRAVOはサークルの中で安静にさせることに。

そして今朝、
テーピングをすると、どんなに緩く巻いても
(とは言え、固定できるくらいはちゃんと巻かないとならないわけです)
足先がむくんで腫れてくるのです。
「それが気になる、やだー」
って言うBRAVO。

一度外して、マッサージをしてあげて
再度、テーピングを巻いて…。

痛そうでかわいそうですが、少し我慢してもらわないとです。
早くよくなってね、BRAVO。
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/789-588bda1e