FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよアメリカに出発する日になりました。
出発前までにはあれもこれも準備して…と思っていたのに
細かいことがまったくできずに出発の日を迎えてしまいました。

お留守番組のゴールデンの皆さんに「良い子にしていてね」と言い
夫が送ってくれる車にビオラとともに乗り込みました。
我が家から成田空港までは40分ほどの距離です。

車に乗せる少し前に、フードをいつもの半分ほどあげました。
この時間から13時間ほどはトイレもご飯もナシ。
家でビオラのトイレも済ませました。

17時05分発の飛行機なので、3時間前の14時までには検疫所に来てほしいと言われていました。
家を出たのは13時。40分で空港に着き、駐車場に車を置き、カートにビオラ入りのバリケンを積んで
検疫所に着いたのはちょうど14時!
滞りなく書類を作成してもらい、ビオラ自身の検査も問題なく検疫所を出ました。

ANAのチェックインカウンターでビオラを含む荷物を預けます。
ananrt1.jpg
ANAの犬の手荷物扱い料金は往路が30,000円 復路が400ドル。
私の席はエコノミー席なので無料で預けられる手荷物は1つのスーツケースのみ。
今回はビオラの荷物やショーの荷物があったのでスーツケース2個を預けます。
有料分スーツケース1個の代金は9,000円。帰りは100ドル。
なんだかなぁ~~…。

ビオラのバリケンには内側にバケツ型の水飲みと
外側にオアシスタイプの水飲みと乾電池式扇風機をつけました。
航空会社の人に、取り外すように言われるかな~と心配しましたが
そのようなことは全くなく、そのままで問題ありませんでした。

バリケンの外側には「1歳9か月のゴールデンレトリーバーです。丁寧に扱ってください」と
英文で書いてビオラの写真とともに貼り付けました。
携帯電話の番号も念のために貼り付けました。
気休めですが、飛行機に乗せるときはいつもこうします。

ANAの係員の方が、大型手荷物預かり所にビオラを連れて行ってくれました。
ananrt2.jpg
ananrt3.jpg
ananrt4.jpg
このエレベーターで階下へ移動。その後は機内へと運ばれます。
ananrt5.jpg
預けてしまって姿かたちはもう目にすることはできません。
私もセキュリティーチェックを受け、イミグレーションを通り出発ゲートへと向かいます。
いつもなら免税店であれやこれや見たり買ったりするのですが
ビオラのことが気になって気になって、気がそぞろ…。
何にも買えませんでした…。

機内に乗り込む前に、
搭乗ゲートのところでANA係員に再度確認。
「犬を預けているのですが、ちゃんと搭載されていますか?」
「犬の様子におかしなところはないですか?」
と。
トランシーバーで確認してくださり、
「今、ちょうど機内に載せたところ」であること
「わんちゃんは元気にしている」とのことを聞き、少しほっとしました。

私も機内に乗り込み、ロスアンゼルスに向かいます!

航空券 往復:119,380円
犬の輸送費 片道:30,000円
超過スーツケース 片道:9,000円
Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/794-4fe44f1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。