上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月29日 Long Beach Kennel Club
judge: Ms.VIRGINIA L. LYNE
Ring 3 ゴールデンの審査9:20開始

ドッグショー最終日です。
ジャッジは昨年のGRCAナショナルのBOBジャッジだった方。
かなりお年を召しているように見えるのですが、
前日のショーも長い時間炎天下の中審査をきちんとされていて尊敬しました。

ビオラはこの日もDogWashスペースで洗いグルーミングをしました。
3日目が一番出来上がりがよかったのです。
ビオラも少し慣れてきて、私も慣れてきて、最終日を楽しもうと思っていました。
ところが!!
私たちの出番になり、とても良い雰囲気でリングに入りました。
ビオラのテールもきちんと保持されているし、なにしろ気分よく走っています。

触診のためスタックし、ジャッジが触診を始めました。
このジャッジはお年を召しているので、動作がとてもぎこちなく遅いのです。
もしかしたら、それをビオラが怖がるかもしれない…と思ったりしたのですが
まったくそんなことはなく、真面目な顔をして触診を受けていました。
ところが、そんな時に
『ごぉぼぉっーーーー!』というものすごい汽笛がなったのです!!
その音ったら、日本では聞いたことがないくらいの大きさに音の種類!!

それは10時12時15時になるので、初日から聞いてはいたのですが
毎回飛び上がるほどの衝撃だったのです。
それが緊張感あふれる触診の時になったものですから、私もびっくりしてしまいました。
もちろん周りにいる人たちも、ビオラもびっくりしたのです。
私だけでも驚かなければビオラももう少し動揺しなかったかもしれないのに…
と、後になって悔やみましたが驚いてしまったものは仕方ありません。

ビオラは足が震え、それをジャッジがなだめるようにコチョコチョしてくれたり…。
でも、ビオラは面倒臭い子で(笑)
人間の子供でも泣いている時に「泣かない!泣かない!」などと言うと
余計にびーびー泣いちゃう子いますよね?(笑)
あんな感じで、「怖くない!怖くないよ」みたいなことをされると
「嘘だ、怖いもん。きっと怖いんだもん」
と(笑)

あんなに気分よくテールを良い位置に保持して走っていたのに、
アップダウンではまったく覇気のない走りになってしまいました。
それでもクラス1stをもらい、ウィナーズ選に進むことになりました。

ウィナーズ選までの間に、なんとか気持ちを取り戻したいと
頑張ってみましたが、やればやるほどドツボにはまる感じ…。
思わず泣きそうになりました。悔しいぃーーって。
ウィナーズ選もイマイチな走りでとっても残念な結果になってしまいました。

こんな風になってしまった時のリカバリーはどうしたらいいのだろう?
大きな課題です。

ゴールデンレトリーバーという犬種は人間の猟へ共にし
銃で撃ち落とした鴨などの水鳥を運ぶ犬種ですから
銃声にも動じない精神状態が望まれます。
ビオラはそういう意味ではゴールデンレトリーバーとしては
まだまだ未熟で経験値も少なく素質も低いのかもしれません。
それもまた大きな課題です…。
29jun14.jpg
ゴールデンやめますか?
いやいや、本来のビオラはそんな子じゃないのです。
元気いっぱいで明るくて人が大好きでお仕事が好きなのです。
やはり、育てなければいけないのです、私が…。

最終日にして落ち込んだ私でしたが、終わったものは仕方がありません。
この経験をこれから生かして日本でがんばろうと思います。
いつか、また、いつか、ビオラとアメリカのショーに出られるように
その時は、フルコートで精神的にもしっかりと大人になって戻ってきたい…。

3日間通ったショー会場で少しだけ出ていたお店でお買い物をして
ホテルに戻りました。
いつものようにランチをホテルのお部屋で食べ、ビオラを寝かしつけて(笑)
私たちはショー会場に戻り、グループ選BIS選を見て
お世話になったバレリーさんにお礼を言い、お別れしました。

なんだか互いに忙しくて、ゆっくりお話もできなかったバレリーさんでしたが
連日親切にしてください、明るく迎えてくださり
本当に素敵な人たちでした。

他の方々ともあんなこともこんなこともしたい話したいと思っていたのですが
自分のこと、ビオラのことをするのに精いっぱいで
考えていた半分もできなかったのが悔やまれます。

でもあこがれていたロングビーチのドッグショーに
自分の繁殖犬と一緒に自分のハンドリングで出ることができて
本当にうれしかったです。

それもこれも、皆さんのおかげです。本当に!!

ありがとうございました。

そして、無謀な挑戦に付き合ってくれたビオラにも感謝です。
いつも、私のわがままにも似た要求に
本当は気が乗らないのに
「おかあさんがそういうならやります」
と、応えてくれるビオラは本当に可愛い私の娘です。
お互いに楽しめるように私も頑張るから、付き合ってね、ビオラ!!

Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/801-8d9da9a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。