CH. AUTHENTIC GOLDEN JP CALL ME MAYBE CD1
Viola http://www.k9data.com/pedigree.asp?ID=517711

violalala.jpg
Viola の妊娠が確定しましたのでご報告いたします。
少しの予約はありますが、ご興味のある方はメールにてご連絡くださいませ。
メールにはお名前・住所・連絡先などを明記くださいますようにお願いいたします。
メールアドレス : kumiko@authentic-golden.jp
16831876_1061302140642595_2138099033734555876_n_20170224150826ebc.jpg


交配相手の男の子は Axl と言います。
血統書名は MBISS GCH CH/CanCH Easthill Broxden Woodland Turnip The Volume OS SDHF TDInc  
http://www.k9data.com/pedigree.asp?ID=324055

Axl は構成が良いのはもちろんのこと、
とにかく性格が素晴らしくてゴールデンらしい男の子でした。
ショードッグとしての活躍。
家庭犬としての可愛さ。
そしてセラピードッグとしても実績がありました。
優しくて勇敢で賢くて、The Golden な男の子でした。

私はAxlを2013年のGRCA(Golden Retriever Club of Japan) National で見てから
Violaの交配相手にと願い、交渉を重ね交配を実現したのが2015年の夏でした。
その時は、残念ながら不受胎でした。
再交配を待つ間に、Axl は突然亡くなってしまいました。
凍結精液が何回分か残されており、Axl オーナーはそれを使っても良いと言ってくれました。
しかし、私たち日本の犬が所属するケネル団体FCIでは
未経産の犬に凍結精液を使ってはいけないというルールがあります。
それが理由でViolaにはすぐにはAxl の凍結精液が使えませんでした。

2016年春、Axl ではないアメリカの男の子Drummerと交配して
2016年6月21日に元気なパピーたちが産まれてきてくれました。
それがシャーロット達です。

日本では、私も今まで、
続けて交配するのは母体の負担を考えるとやめたほうが良いと思っていました。
ですから、
6月の出産後、次のヒートで交配せずに、その次のヒートで交配しようと考えていました。
しかし、
アメリカでは、
連続で妊娠出産するのは何も問題はないし、若いうちに子供を産ませたほうが母体には良いし
ヒートを何度も何度も経験させるほうが身体にはよくないと考えられているようで
私が「一度ヒートを見送る」と言ったら、その理由が全然わからないと言われてしまいました。

また、これは少し眉唾ですが
一度妊娠したら妊娠しやすい状態になっているので、すぐに交配したほうが受胎率は高い
とも言われました。

凍結精液を使っての交配は手術による、お腹を開けて、が基本です。
そして交配は1度のタイミングです。
(自然交配は2回3回することが多いです)

いろいろなことを考えて、連続で交配することにしました。

でも、
ヒートがいつ来てもおかしくないとされていた期間(2016年11月ごろから)には
シスルの看病がありました。
私は
「シスルがこんな状況ではViolaにヒートが来ても交配には行けないな…」
と思っていました。
今回は無理かな?とも思っていました。
ところが、Violaにヒートが全然来ません。
このまま遅れてくれれば良いな…とも考えていました。

シスルが年末の診察で、2週間後の予約を入れ年を越せる喜びと
もしかしたら14歳のお誕生日も迎えられるかもという期待で2017年を迎えました。
でも元日から急にご飯を食べなくなり、2日に亡くなりました。
正月3が日は火葬場はお休みで、営業開始日の4日は予約でいっぱいと言われ
シスルを荼毘に付す日は1月5日の午前10時の予定でした。
5日の朝、出かける準備をしていたら、床に血液が…。
violaを確認するとヒートが来ていました。

私はシスルの亡骸を抱きしめ、号泣しました。

交配しなければ…とシスルに背中を押された気持ちになりました。

毎日、シスルを想い泣きながら運転してホルモン検査に通い、
泣きながら飛行機に乗ってアメリカへ行きました。
アメリカのホテルでも、ふとしたときにシスルを想い毎日泣いていました。
でも、
Violaは頑張っていました。私の期待に応えようと一生懸命頑張ったと思います。

アメリカの獣医師たちは皆
「大丈夫!妊娠させるから!!」
と言ってくれました。
「ほんとかいな?」と半信半疑でしたが、ちゃんと妊娠させてくれました。
すごいです。何が日本と違うんだろう…

そんなこんなで、何年もかかってしまいましたが
Axl のパピーを妊娠しました。
無事に産まれてきて、元気に育ってほしいです。
まずはそれが何よりの望みです。

最後に 
Axl は2016年アメリカのゴールデンのランキングNO1になった
Rieseという子の父Dylanと同胎犬です。
Rieseは2017年ウエストミンスター ケネル クラブ ドッグショーで
Select Dogにも選ばれています。
私はAxlとDylanの母犬にも会ってきました。
そのブリーダーさんにもお目にかかり
ご自宅で素晴らしいゴールデンたちを見せていただきました。
縁あって産まれてくるだろうパピーたちが本当に楽しみです。
そんな素晴らしい血統を持つAxlとViolaのパピー誕生が楽しみで仕方ありません。





Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/832-fbd11a64