上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.09 再手術当日
09nov2.jpg

今朝のめーぷるたんですよ♪
昨日8日の夕方、メープルは入院しました。

じ・じ・実は、お願いする病院は往復5~6時間かかります。
手術の日も側にいてあげたいと思っていた私は
ほんとだったら病院のご近所に泊まりたかったのですが
我が家には他の子たちもいるので、連日車をぶっ飛ばしました。

昨夜9時過ぎに担当の先生からお電話を頂き、
術前検査が終わったこと、当日の手術は10時からはじめること、
9時30分にはお腹の毛刈りをはじめたいので、9時には来て欲しいこと
の連絡がありました。

隔離しての入院が少し心配でしたが、おとなしくしているとのことで
安心しました。

9時に着くには6時に家を出なくてはなりません。
朝4時30分に起きて、他の子たちのことをして一人ででかけました。
(世の中、ご夫婦で来る方々が多いのに私は相変わらず一人です)

先生がメープルを連れてきてくれました。
09nov1.jpg
おしっこをしていないという事で、お外に出てトイレを済ませました。
そしてちょっとだけ遊ばせて、お写真をぱちり。

待合室でメープルと待っていると、先生が連れにやってきました。

前の子の手術時間が延びているので、メープルの開始時刻が後れ
終わるのも遅くなるかもと説明を受け、
元気なメープルを先生にお渡ししました。
泣き虫な私は、ついつい涙がこぼれてきてしまって、
「お願いします」
と、言うだけが精一杯。

午後1時過ぎに執刀主治医の先生から説明がありました。
エコーでの診断通り
左右にあった卵巣らしきものの摘出と
断端膿腫の子宮を摘出してくださいました。
デジタルカメラで撮影した画像を見せてもらいながら説明を受けました。

今回の再手術は腹部の切開が大きくなるという事で
ついでに胃の固定手術もしてもらいました。
(胃拡張胃捻転は再発の可能性が大きいので・・・)
そのために、胃拡張胃捻転でお世話になった病院から
レントゲン写真をお借りしたり協力をしていただきました。

東京に住んでいた時にお世話になっていた先生からは
「いよいよ明日ですね。」
と、昨夜メールをいただきました。

だけど・・・。避妊手術をした先生からは何もありません。
今日が手術だと手術日が決まった時に彼が連絡をしたのですが。
でも普通はないのが当然で、他の先生たちは優しいのかもしれませんね。

執刀主治医の先生から手術室から出てくるのは後一時間はかかると言われ
また待合室の椅子に座ってただひたすら待っていました。

他の飼い主さんも皆心配そうに待ってます。
なんとも表現しがたい、不思議な空間がそこにはありました。

その後1時間半ほどたち、ストレッチャーに乗せられたメープルが
手術室から出てきました。
まだ覚醒はしていませんでした。
でも、私が「メープル!よくがんばったね!えらかったね!!」
と、声をかけると反応が強くなり、私の声は聞こえているようでした。

生きて帰ってきてくれたことに少し安心して
後は先生方にお任せし
私は自宅に向けまた車を走らせたのでした。
退院はまだ少し先の予定です。


朝、私と別れて
先生と一緒に手術室まで歩いていくめーぷるたんの後姿を見送ってると
手術室のドアを開けようとした時、
『すぽっ!』
って、先生の両足の間、股の間に、入ったんです。
その姿が忘れられなくて、仕方ありません。

なぜって・・・。
メープルは皆に守られているんだな~~って思ったから。
見えないところで、たくさんの人にたくさんの犬に
守られて支えられているんだなぁ~って。

励ましと応援のメールを下さった皆様、ありがとうございました。
とても心強かったし嬉しかったです。








Secret

TrackBackURL
→http://23dec.blog94.fc2.com/tb.php/93-3d4d8c02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。