上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会場:静岡県御前崎市 マリンパーク御前崎
ジャッジ:ボー・スカリン(スウェーデン)

パンプ:オープンヤングアダルトクラス
ビオラ:オープンヤングアダルトクラス

パンプはデビュー戦!! 
ハンドラーさんに預けてから2週間目。
どうなることかとハラハラしましたが、元気よく走っていて安心しました。

ビオラはクラス1stでしたがウィナーズにはなれず。
私の緊張や不安がダイレクトに伝わってしまうビオラ。
難しいなぁ…。
Judge:Ms.Gloria Kerr
viola01feb14.jpg
ビオラがアメリカのゴールデンレトリーバーのブリーダージャッジである
グロリア・カー の審査でウィナーズビッチに選ばれました。

グロリアさんは2012年にも来日していらして
FCI北関東インターナショナルドッグショーでThistleをBOB&G1に選んだjudgeです。

再び、評価していただき光栄な思いでした。
ビオラの走りは正しい、特に前足の使い方は正確であるとほめていただきました。
東京インターでのブリーダージャッジに引き続いてのビオラへの良い評価は
本当に嬉しいですね。
1月19日千葉幕張メッセにてFCI千葉インターナショナルドッグショーが開催され
violaと共に今年初めてのショーへ行ってきました。

judgeはカナダからお越しのMr.Richard Lopaschuk

violaは生後15か月以上になったことからヤングアダルトクラスになり
1頭1席でウィナーズ選へ進みました。

そしてウィナーズビッチに選ばれ、MCCカードをもらいました!!
fcichibaviola14.jpg
東京インターに続き、2枚目のMCCカードです。

本当にこれは皆さんのおかげです。
たくさんの方々に指導いただき、そして励ましていただき
本来のviolaを見せることができるようになったことで
評価いただいた結果だと思っています。
心から感謝いたします、ありがとうございました!!
12月15日東京ビックサイトでFCI東京インターナショナルドッグショーが催されました。

viola がReserve Winners Bitch に選ばれMCCを与えられました。
violafcitokyo13.jpg
judgeはオーストラリア人の Ms.Heather Morrison で
この方はゴールデンのブリーダーです。

このようなゴールデンのスタンダードをよく知る Special judge の審査は
とても緊張します。また、その評価は特別なものです。

以前にFCI北関東インターナショナルドッグショーで Thistle を BOB&G1 に選んでくれた
アメリカ人の Ms.Gloria Kerr もゴールデンのブリーダージャッジでした。
ブリーダージャッジからの良い評価は本当に嬉しいのです。
今年の10月にGRCAのNationalでMs.Gloriaに再会した時、
私の事は覚えていなかったけれど(笑)、シスルの事は覚えていてくれました。

今回のjudgeも同様にゴールデンのブリーダージャッジ。
事前に彼女のWEBを確認すると、ヨーロッパ系のゴールデンをブリーディングしているようで
アメリカ系のゴールデンが多い日本のゴールデンをどんな風に審査するのだろうかと思っていました。

今回のショーではヨーロッパ系のゴールデンが何頭か出陳されていて
やはりタイプ的にそれらのゴールデンが好きなんだろうし
また、よく知っているからこそ良い評価を与えるに適していたのだろうと思います。

その中で、CHのオスではブルー君とブラボーの息子ジャックス君が最終のピックアップに残り
violaがクラス1st&Reserve winners Bitchに選ばれました。

写真撮影の時
「あなたがブリーディングしたの?あなたがオーナーなの?」
と聞かれ、
「とっても良い子で、将来が楽しみ」
だと言っていただきました。

最初にも書いた通り、ブリーダージャッジからの良い評価は特別なものです。
だから本当に嬉しかったです。
我が家のシスルは今年の一月のFCI千葉インターナショナルドッグショーでBOBになり
キャッシブカードが4枚となったことから
めでたくインターチャンピオンの資格を得ました。
そして先日やっと本証が届き、感激を再び♪
thistlefcich.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。