上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世田谷の先生から病理診断報告書を送っていただきました。
『飼い主様用』の、報告書はずいぶん立派で少し驚きました。
以前は紙ぺら一枚、それも獣医師用のもののコピーだったりしましたよね?(笑)
07oct09.jpg
ミニョンの舌にできた腫瘍の病理検査の結果がやっと届いたようです。

結果は良性でした!
06oct09.jpg
病名も聞いたのですが、「良性」だけが頭の中で響き渡って
他のことはほとんど上の空になってしまいました。

報告書を郵送していただくことにしているので、わかり次第ご報告しますね。
昨日、予定通り退院しておうちに帰ってきたミニョンちゃんです。

そして
彼氏のどんぶり君からお見舞いの花束が届きました。
お花が大好きなミニョン。
特にピンクはミニョンにぴったりでミニョン自身も大好きな色なんです。
26sep09.jpg
丼くん&ぢきっちゃん、お心遣いをありがとうございます。
私もミニョンもとっても嬉しかったです♪
一昨日の夜、ミニョンに病院から処方された後ろ足の痛み止めを飲ませようとしたら
何かが見えた気がしました。

なんとなーーく、
嫌な予感・・・。

ミニョンちゃんは10歳を過ぎ、これまで大きな病気など一つもなく
『親孝行とはこのことだ!』
まっしぐらな大切な可愛い家族です。

ミニョンは私がゴールデンレトリーバーの繁殖をしたくて入手した最初の子です。
GRCJの活動や会報、海外の文献などを参考に勉強をし
訓練やショーにも参加して繁殖の時期を待っていました。

2歳になりOFAへレントゲンフィルムを送ったら、MODERATOの結果が送られてきました。

あの時、私はすごくすごくショックを受けたことを今でも忘れずにいます。
そして何日間か悩み、考え、繁殖をあきらめ避妊手術を受けさせました。

今でこそ、MODERATOのゴールデンを繁殖に使おうなんて
少しでも思うことはありませんが、
当時は大丈夫じゃない?って言ってくれる方もいたし
OFAにレントゲンフィルムを検査してもらうことなく繁殖していた方たちのほうが
多かった時代でした。

その天使と悪魔のささやきの中で、自分で選んだ断腸の思いは
今でも正しかったのだと強く思うのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。